出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

徳川慶喜直筆「誠」の書 広辞苑編者の新村出旧宅で発見

徳川慶喜が書いたとみられる書(京都市北区・新村出記念財団重山文庫)
徳川慶喜が書いたとみられる書(京都市北区・新村出記念財団重山文庫)

 江戸幕府最後の将軍徳川慶喜が書いたとみられる書が、「広辞苑」の編者として知られる言語学者新村出(しんむらいずる)の旧宅(京都市北区)で見つかった。出の養父猛雄が慶喜に仕える身だったため、新村家で軸装されて受け継がれたと考えられる。約1メートル四方の絹本に力強く「誠」と書かれ、「慶喜」の落款が押してある。書かれた時期は不明だが、専門家は「劇的な人生を歩んだ慶喜の人物像を知る上でとても貴重な史料」と話す。

 旧宅を改装した「新村出記念財団重山文庫」で見つかった。縦103センチ、横90センチの絹地に楷書体で書かれている。

 重山文庫を訪れて書を確認した松戸市戸定歴史館(千葉県)の齋藤洋一館長によると、「誠」と書かれた慶喜直筆の書としては、将軍に就いた記念として1867(慶応3)年に一橋家の慶寿夫人に贈ったものがある。将軍職に誠実に当たる気持ちを込めたとされている。ただ今回の書と比べると、少し崩した書体で落款も異なる。

 発見された書には三つの落款があり、これらは、大政奉還後に慶喜が余生を暮らした静岡県で1878(明治11)年に沼津の小学校に贈った額の書と一致している。齋藤館長は「明治期に『誠』と書いたとすると、どんな思いで書かれたのか。詳しく分析したい」と語った。

 新村出の孫に当たる財団嘱託の恭さん(72)は「祖父がこの書について触れた文章はなかったと思う。養父から受け継いだ書ではないか」とみる。

 書とともに、写真撮影が趣味だった慶喜が撮影したとみられる家族や風景の写真や自身の肖像写真などが大量に見つかった。新村出記念財団は今後、見つかった史料の公開方法を検討する方針。

【 2019年02月26日 11時15分 】

ニュース写真

  • 徳川慶喜が書いたとみられる書(京都市北区・新村出記念財団重山文庫)
  • 新村出旧宅で見つかった慶喜の肖像写真。ケースに入れて保管されていた
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース