出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

春呼ぶ「御殿びな」華やかに 京都、旧三上家住宅で展示

3月3日のひな祭りに合わせ、旧三上家住宅に展示されている「御殿びな」(宮津市河原)
3月3日のひな祭りに合わせ、旧三上家住宅に展示されている「御殿びな」(宮津市河原)

 3月3日の桃の節句を前に、国の重要文化財「旧三上家住宅」(京都府宮津市河原)で恒例のひな人形の展示が行われている。今年は昭和初期に作られたという豪華であでやかなひな飾りがお目見え。ひな祭り当日にはコンサートイベントも開かれる。

 同住宅では毎年、市民から借りたひな人形を紹介している。今回は豪華な屋敷の中に人形を飾る「御殿びな」など3セットが並び、一足早い春の訪れを感じさせている。

 3日は午後1時から甘酒とひなあられの接待があり、午後1時半から地元の弾き語りデュオによる演奏会が始まる。要入館料。

 ひな人形の展示は31日まで。同住宅0772(22)7529。

【 2019年03月01日 11時23分 】

ニュース写真

  • 3月3日のひな祭りに合わせ、旧三上家住宅に展示されている「御殿びな」(宮津市河原)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース