出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

観覧列車「青もみじ」色に一新 叡山電鉄、期間限定で

外観を黄緑色に塗り替えた「青もみじきらら」のイメージ
外観を黄緑色に塗り替えた「青もみじきらら」のイメージ

 叡山電鉄(京都市左京区)は、沿線のモミジを観覧できる展望列車「きらら」の外装を緑色に塗り替えた車両を21日から運行する。新緑の「青もみじ」を楽しむ人が近年増えているため、車両イメージを一新する。

 きららは、鞍馬線で1997年に導入した観光列車。大きなガラス窓に平行して座席が配置され、木々が色づく秋には大勢の観光客が乗車する。同線の開通90周年を記念し、2編成のうち赤色の車両を黄緑色の「青もみじきらら」としてリニューアルする。

 新色「メープルグリーン」の車両は2020年12月までの期間限定。第1便は21日午前9時45分に出町柳駅を発車する。普通運賃で乗車できる。

 また、運行開始から31年たつ1両編成の722号車も改修し、外観を沿線の社寺をイメージした朱色に塗り替えて21日から運行する。従来はクリーム色を基調に緑や赤のラインが入っていた。

 叡山電鉄は、洛北や比叡山方面への誘客強化に向け、昨春に斬新なデザインの観光列車「ひえい」をデビューさせるなど個性的な列車を相次ぎ投入している。

【 2019年03月06日 08時03分 】

ニュース写真

  • 外観を黄緑色に塗り替えた「青もみじきらら」のイメージ
  • 朱色で塗装した722号車のイメージ
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース