出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

メアリ・ポピンズ優しいタッチで 安野光雅さんの挿絵原画展

安野さんが挿絵として描いた空を飛ぶメアリ・ポピンズ(京丹後市久美浜町・「森の中の家」)
安野さんが挿絵として描いた空を飛ぶメアリ・ポピンズ(京丹後市久美浜町・「森の中の家」)

 画家安野光雅さん(92)が描いた小説「メアリ・ポピンズ」の挿絵の原画展が、京都府京丹後市久美浜町の美術館「森の中の家」で開かれている。優しいタッチで描かれた水彩画など計59点が並ぶ。

 今年1月に朝日出版社から刊行された岸田衿子さん訳による本に用いられた最新の挿絵を物語に沿って30点展示した。メアリ・ポピンズが傘を差して空を飛ぶ姿や、子どもたちとともに向かった南国での冒険の様子など、来場者を楽しい童話の世界にいざなう。

 会場には、だまし絵で知られる画家エッシャーに影響を受けて描いたという木々の中に動物などが隠れている森の絵や、イタリアやクロアチアの風景画も展示されている。

 6月3日まで。午前9時半~午後5時。火曜休館。大人千円。中高生600円。小学生400円。同館0772(84)9901。

【 2019年03月13日 11時23分 】

ニュース写真

  • 安野さんが挿絵として描いた空を飛ぶメアリ・ポピンズ(京丹後市久美浜町・「森の中の家」)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース