出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

れんが造りの窯でピザ作りイベント 京都・亀岡

レンガ造りのピザ窯の激しい炎を見て、驚く子どもたち(亀岡市宮前町)
レンガ造りのピザ窯の激しい炎を見て、驚く子どもたち(亀岡市宮前町)

 山間部にある京都府亀岡市宮前町の地域交流施設「薪窯ピザ庵 えん(炎/縁)」で、春の体験イベントが開かれている。家族連れらがれんが造りのピザ窯で地元産野菜入りのピザを焼き上げ、楽しく味わっている。

 同施設は、人見修好さん(63)、直美さん(61)夫妻が昨年7月、自宅の離れを増築して開業。木造一部2階建て(延べ床約120平方メートル)の1階を店舗兼サロン、2階に絵本などを置き、遊び場として開放する。

 イベント初日の17日は8人が参加し、夫妻が栽培するピーマンやシイタケなどを使ったピザ作りに挑戦。参加者は生地を伸ばし、好きな具材を選び、オリジナルピザを作成。修好さんが手作りしたピザ窯で焼き上げた。

 京都市山科区の中学1年女子(13)は「ピザ窯内の炎に迫力があって驚いた」と話していた。24日もある。

【 2019年03月20日 12時07分 】

ニュース写真

  • レンガ造りのピザ窯の激しい炎を見て、驚く子どもたち(亀岡市宮前町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース