出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

両陛下が京都御所で茶会 代替わり前、最後の入洛 

JR京都駅に到着された天皇、皇后両陛下(25日午後1時35分、京都市下京区)
JR京都駅に到着された天皇、皇后両陛下(25日午後1時35分、京都市下京区)

 天皇、皇后両陛下は25日午後、東海道新幹線で京都市に入られた。即位30年に伴い、上京区の京都御所で茶会を開き、近畿2府4県から招いた各界の代表者らと歓談した。両陛下の入洛は代替わり前ではこれが最後となる。

 26日は奈良県橿原市の神武天皇陵を参拝し、4月30日での退位を報告する。27日には宮内庁職員らが京都御所で開く陛下の即位30年と結婚60年を祝う茶会に出席。28日に東京へ戻る。

 この日の茶会には、西脇隆俊京都府知事や山極寿一京都大総長ら政財界や各種団体の代表ら200人余りが招かれた。出席者を代表して井戸敏三兵庫県知事が「阪神大震災から節目ごとに常にお心を寄せられ、被災地をご訪問いただき、励ましてくださいました」と謝意を述べた。

 天皇陛下は「父祖の地であるこの京都において皆さんと共にひとときを過ごすことを誠にうれしく思います。皆さんの健康と幸せを祈ります」と応じた。乾杯の後、両陛下は約30分にわたり出席者一人一人とにこやかに言葉を交わしていた。

【 2019年03月25日 20時08分 】

ニュース写真

  • JR京都駅に到着された天皇、皇后両陛下(25日午後1時35分、京都市下京区)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    観光・社寺のニュース