出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ひこにゃん活動支援、目標額400万円 予算否決で募集

暫定予算に運営費が盛り込まれなかったひこにゃん。活動費をクラウドファンディングで募っている
暫定予算に運営費が盛り込まれなかったひこにゃん。活動費をクラウドファンディングで募っている

 滋賀県彦根市の2019年度一般会計暫定予算に同市の人気キャラクター「ひこにゃん」の運営費が盛り込まれなかったことを受け、活動を担う一般社団法人日本ご当地キャラクター協会(同市)が、支援金を募るクラウドファンディングに取り組んでいる。

 目標額400万円。6月議会で本予算案が可決されるまでの3~4カ月間の活動費に充てる。支援額は3千円、5千円、1万円の3通り。返礼品として、ひこにゃんをデザインしたカードやオリジナルの感謝状を贈る。5日に開始し、8日午後4時時点で270人から170万円以上が集まったという。

 ひこにゃんを巡っては、市の当初予算案の否決に伴う暫定予算に委託運営費が盛り込まれず、同協会が活動資金を工面する形で4月以降の活動継続を決めた。2、3日は人手を確保するため登場を見合わせたが、4日から通常通り彦根城などに登場している。

 同協会は「まだまだ活動継続に皆さんの協力が必要。ご支援を賜りたい」としている。クラウドファンディングのサイトは、同協会のホームページからアクセスできる。

【 2019年04月09日 15時07分 】

ニュース写真

  • 暫定予算に運営費が盛り込まれなかったひこにゃん。活動費をクラウドファンディングで募っている
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース