出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

滋賀屈指の桜の名所、海津大崎満開 行楽客でにぎわう

満開を迎えた海津大崎の桜。湖上からカヌーで花見を楽しむ人も見られた(高島市マキノ町海津)
満開を迎えた海津大崎の桜。湖上からカヌーで花見を楽しむ人も見られた(高島市マキノ町海津)

 滋賀屈指の桜の名所、海津大崎(高島市マキノ町海津)の桜が満開を迎えた。約800本のソメイヨシノが岬に沿って咲き誇り、連日、行楽客でにぎわっている。

 海津大崎の桜は約80年前、湖岸の道路開通を祝って、地元の人たちが植樹したのが始まり。湖に突き出すように枝を伸ばした桜の薄紅と、空や湖の青、山の緑のコントラストが美しく、「日本のさくら名所百選」にも選ばれている。

 湖岸の遊歩道では大勢の観光客が散策し、奥琵琶湖の春を満喫。湖上からカヌーや船で花見を楽しむ人も多く見られた。

 週末の13、14日午前9時半から午後5時まで、県道の海津大崎並木口-二本松間で、自動車が東行き一方通行に規制される。

【 2019年04月12日 18時07分 】

ニュース写真

  • 満開を迎えた海津大崎の桜。湖上からカヌーで花見を楽しむ人も見られた(高島市マキノ町海津)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース