出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

約3千株のヤマブキ満開、新緑に映える 京都・松尾大社

かれんな黄色い花を咲かせるヤマブキ(京都市西京区・松尾大社)
かれんな黄色い花を咲かせるヤマブキ(京都市西京区・松尾大社)

 京都市西京区の松尾大社で、ヤマブキが満開となっている。黄色の愛らしい花々が新緑に映え、春風に揺れて参拝者の目を楽しませている。

 ヤマブキは境内を流れる一の井川ほとりなどに約3千株が群生している。一重、八重の小ぶりの花弁が新緑の葉に明かりをともすように咲いている。5月初週まで見頃が続くという。

 参拝者たちは石橋からカメラを向け、春の訪れを感じさせる優美な風景に見入っている。

 同大社は、恒例の「山吹まつり」を5月5日まで開き、3日は甘酒の無料接待、5日には「こいのぼりこどもまつり」を催す。参拝無料。

【 2019年04月23日 09時31分 】

ニュース写真

  • かれんな黄色い花を咲かせるヤマブキ(京都市西京区・松尾大社)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    観光・社寺のニュース