出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都スタジアム隣にビジネスホテル 100室、日帰り温浴施設も

来春開業に向け建設中の京都スタジアム(右)隣接地へのビジネスホテル進出が決まったJR亀岡駅北側=亀岡市追分町
来春開業に向け建設中の京都スタジアム(右)隣接地へのビジネスホテル進出が決まったJR亀岡駅北側=亀岡市追分町

 京都府亀岡市は22日、来春に京都スタジアムが開業するJR亀岡駅北側の土地区画整理事業地で、商業施設進出の第1号としてビジネスホテルの立地が決まった、と発表した。スタジアム西隣に来年9月開業の予定で、遅れていたスタジアム周辺の商業開発の加速に市は期待感を示す。

 同市下矢田町でビジネスホテルを経営する「サンロイヤル」が、2号店として敷地約1700平方メートルに7階建て計100室で建設。日帰り温浴施設やレストランも併設する計画で、今夏に着工する。

 駅北側では、市などが来年の大河ドラマ放映に合わせ、主人公の明智光秀を紹介するドラマ館をスタジアム内に開設する計画だが、観客らを呼び込む周辺施設整備が課題となっている。事業者とともに記者会見した桂川孝裕市長は「駅北のにぎわいづくりへの起爆剤になる」とした。

 会見では、同市薭田野町の「湯の花温泉」への新たな旅館建設計画も発表された。静岡県の旅館運営会社が4階建て計26室で建設し、開業は来年夏となる見通しを示した。

【 2019年04月24日 07時00分 】

ニュース写真

  • 来春開業に向け建設中の京都スタジアム(右)隣接地へのビジネスホテル進出が決まったJR亀岡駅北側=亀岡市追分町
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース