出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

松本零士さんの作品、西陣織や木版画で再現 京都・福知山

松本さんの漫画を題材にした西陣織作品が並ぶ会場(福知山市駅前町・市民交流プラザふくちやま)
松本さんの漫画を題材にした西陣織作品が並ぶ会場(福知山市駅前町・市民交流プラザふくちやま)

 漫画家松本零士さんの作品を伝統工芸で表現した「零士ワールド展」が、京都府福知山市駅前町の市民交流プラザふくちやまで開かれている。「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」などの名作が、摺(す)り絵や木版画、西陣織で再現されている。

 京都市で活動する伝統工芸作家らでつくる同展実行委員会が主催し、全国で巡回展示している。

 会場には、3人の作家が手掛けた40点の作品が並ぶ。西陣織作家の冨家伊兵衛さんが手掛けた「メーテル 古都の休日」は、京都を描いた3メートルを超える大作。ルーペを使って細部を観察することもできる。

 実行委メンバーの直原良弘さん(57)は「特出した技法を持つ西陣織を通して松本さんの絵を見てほしい」と話している。

 30日まで。午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。無料。

【 2019年04月28日 11時53分 】

ニュース写真

  • 松本さんの漫画を題材にした西陣織作品が並ぶ会場(福知山市駅前町・市民交流プラザふくちやま)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    観光・社寺のニュース