出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

国宝「飛雲閣」こけら葺き屋根美しく 修復終わり公開 

こけら葺き屋根の修復を終えた飛雲閣(京都市下京区)
こけら葺き屋根の修復を終えた飛雲閣(京都市下京区)

 西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)境内にある飛雲閣(国宝)でこけら葺(ふ)き屋根の修復が終わった。10日に内覧会が開かれた。

 2017年夏に工事を開始し、屋根のふき替えを完了したことで建物全体を覆っていた工事用の素屋根が外された。同寺は20、21日の「宗祖降誕会(ごうたんえ)」に合わせて一般公開する。

 薄く切ったサワラの板を重ねてふいた真新しい屋根は白い色が初夏の日差しと新緑に映えて輝く。公開は外観のみ。無料。拝観時間の問い合わせは西本願寺075(371)5181。

【 2019年05月10日 18時19分 】

ニュース写真

  • こけら葺き屋根の修復を終えた飛雲閣(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース