出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

樹齢2千年、天然記念物「才ノ神の藤」見頃に 京都・福知山

見頃を迎えた才ノ神の藤(京都府福知山市大江町南有路)
見頃を迎えた才ノ神の藤(京都府福知山市大江町南有路)

 京都府福知山市大江町南有路の府指定天然記念物「才ノ神の藤」が見頃を迎えている。淡紫色の花が頭上で咲き乱れ、訪れた人の目を和ませている。

 藤棚は東西30メートル、南北27メートル。数本の藤からなり、古いものは樹齢2千年と伝わる。地元の自治会が管理を行っており、今年は4日ごろに開花。現在は七分咲き程度で、15日ごろまで楽しめるという。

 現地では透き通るような青空の下、多くの観光客がそよ風に揺れる花を写真に収めている。夫婦で訪れた主婦(75)=宮津市宮村=は「甘い香りが漂う静かな環境で、連休中の疲れを癒やしてくれた」と笑顔だった。

【 2019年05月11日 15時00分 】

ニュース写真

  • 見頃を迎えた才ノ神の藤(京都府福知山市大江町南有路)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース