出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

カモの親子が引っ越し 親ガモ飛び立つハプニングも無事に

近隣住民が見守る中、鴨川に向けて川端通を横断する子ガモたち(京都市左京区)
近隣住民が見守る中、鴨川に向けて川端通を横断する子ガモたち(京都市左京区)

 京都市左京区の要法寺で育ったカモが21日朝、近くの鴨川に引っ越した。先導する親ガモが道中、飛び立ってしまうハプニングもあったが、子ガモ9羽は身を寄せ合い、約700メートルの道のりを歩き通した。

 要法寺境内の清涼池では、2005年からカモが繁殖している。今年は4月上旬に9羽がふ化した。

 親子は午前6時45分ごろに池を出発したが、100メートルほど進んだところで突然、親ガモが子ガモを残して飛び立った。子ガモは「ピー、ピー」と不安そうに鳴いていたが、しばらくすると行進を再開した。

 京都府警川端署員が交通整理にあたる中、子ガモはよちよちと川端通を横断。鴨川に次々と入り、気持ちよさそうに泳ぎ始めた。引っ越しを見守った近くの女性(86)は「無事に終わってほっとした。9羽仲良く、鴨川で大きくなってほしい」と話した。

【 2019年05月21日 11時50分 】

ニュース写真

  • 近隣住民が見守る中、鴨川に向けて川端通を横断する子ガモたち(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース