出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

亀岡市の住民30人以上出演、映画「かめじん」DVD完成

映画「かめじん」のDVDが完成し、喜ぶ出演者ら(京都府亀岡市本町)
映画「かめじん」のDVDが完成し、喜ぶ出演者ら(京都府亀岡市本町)

 京都府亀岡市内を舞台にした映画「かめじん」のDVDが完成し、製作したH商店街(同市)と、まちづくり会社「基地計画」(京都市北区)が26日、亀岡市役所市民ホールで記念上映会を開催する。

 「かめじん」は、京都市内の会社に勤務する亀岡市出身の主人公が、商店主との交流を通して、古里の魅力に気付くというストーリー。映像作家の森本J遊矢氏が監督を務め、地元住民30人以上が出演した。昨年4月から同市内や京都市などで計23回上映された。

 幅広い層に作品を見てもらおうと、DVDを作成した。6月上旬から基地計画の専門サイトで売り出し、H商店街でも販売を予定する。3千円(税別)で、放映時間は約90分。上映会は午後2時、午後6時半の2回。参加費500円(土産付き)。

 主演を務めた基地計画ライター並河杏奈さん(26)=曽我部町=は「亀岡には自然や歴史文化など魅力にあふれているが、一番の魅力は住民。作品を通して多くの人に感じてもらいたい」と期待していた。

【 2019年05月22日 16時00分 】

ニュース写真

  • 映画「かめじん」のDVDが完成し、喜ぶ出演者ら(京都府亀岡市本町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース