出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

国内初、弥生時代のてんびん環状分銅か 滋賀の遺跡20年前出土

てんびんに用いられた分銅の可能性が高まった青銅製の環(手前)。奥は腕輪として使われた銅釧(くしろ)
てんびんに用いられた分銅の可能性が高まった青銅製の環(手前)。奥は腕輪として使われた銅釧(くしろ)

 滋賀県栗東市教育委員会は23日、弥生時代の集落跡の下鈎(しもまがり)遺跡で20年前に出土した環状の青銅品が、てんびんに用いる分銅「環権(かんけん)」の可能性があると発表した。調査した福岡大の研究者らによると、円柱型の石製分銅の発見例はあるが、環状の分銅は国内初という。

 青銅品は直径12・7センチ、厚さ0・7センチ、重さ89グラム。弥生時代後期後半(2世紀後半)のものとみられる。同遺跡で1999年に出土した装飾用の銅釧(どうくしろ)(腕輪、直径5センチ)と比べて大型のため、用途不明の「銅環」と位置づけていた。

 今回調査した福岡大の武末純一教授(考古学)と佐賀県嬉野市役所職員らの研究グループによると、てんびん皿の上で安定するよう輪の面が平らであることや、韓国の茶戸里遺跡で出土した大小3点の環権の質量の法則と類似性が見られることから、分銅の可能性が高いと判断した。

 国内では最古とされる円柱型の石製分銅が亀井遺跡(大阪府八尾市など)で発見されたが、環状の青銅分銅が出土した例はなく、中国大陸や朝鮮半島から持ち込まれたのではないかという。栗東市教委は「計量技術が確立していた大陸との交流の中で弥生時代に伝わっていた度量衡制度を探る上で重要な発見」という。

 環権とされる青銅品は25日から栗東歴史民俗博物館(同市小野)で展示する。

【 2019年05月23日 20時57分 】

ニュース写真

  • てんびんに用いられた分銅の可能性が高まった青銅製の環(手前)。奥は腕輪として使われた銅釧(くしろ)
  • てんびんで環権を使用した想像図(栗東市教育委員会提供)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    観光・社寺のニュース