出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

子羊2頭にメー名、桃平と梅和よろしく 由来は平成と令和から

公募を参考に名前が決まった「梅和」(左端)と「桃平」(右端)=京都府京丹後市弥栄町・道の駅「丹後王国 食のみやこ」
公募を参考に名前が決まった「梅和」(左端)と「桃平」(右端)=京都府京丹後市弥栄町・道の駅「丹後王国 食のみやこ」

 京都府京丹後市弥栄町の道の駅「丹後王国 食のみやこ」の牧場で今春生まれた子羊2頭の名前が決まった。応募の多かった平成と令和に親の名から1文字取って、「桃平(ももへい)」と「梅和(うめかず)」と名付けられた。

 餌やりなどができる「動物ふれあい広場」の雄2頭。道の駅の募集に対し計138点の応募があり、2頭が4月19日と5月7日生まれのため、平成と令和にちなんだ名前が多かったという。

 性格は桃平が甘えん坊で、梅和は冒険好き。飼育スタッフの女性(28)は「2頭合わせて『平和』になるので、いとこ同士仲良く育ってほしい」と話している。

【 2019年05月24日 10時51分 】

ニュース写真

  • 公募を参考に名前が決まった「梅和」(左端)と「桃平」(右端)=京都府京丹後市弥栄町・道の駅「丹後王国 食のみやこ」
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース