出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鉄道と皇室の深い関わり紹介 京都鉄博で「お召し列車」展

「お召し列車」であることを示す鳳凰の装飾などが並ぶ会場(京都市下京区・京都鉄道博物館)
「お召し列車」であることを示す鳳凰の装飾などが並ぶ会場(京都市下京区・京都鉄道博物館)

 明治時代の鉄道開業以降、天皇の全国訪問を支えた皇室専用の臨時列車「お召し列車」と、道中の立ち寄り先の駅で休憩に使われた貴賓室をテーマにした企画展「鉄路を翔(か)けた鳳凰(ほうおう)」が、京都市下京区の京都鉄道博物館で開かれている。お召し列車の証しである鳳凰や菊花紋の装飾などが並び、来館者が見入っている。

 天皇陛下の即位を記念して企画し、約200点を並べた。お召し列車が初めて公式運行されたのは、1872(明治5)年の新橋―横浜間の鉄道開業時にさかのぼる。当時の様子を描いた錦絵が飾られており、大勢の人たちが見守る中、力強く黒煙を吐く列車の姿がうかがえる。

 77(同10)年の京都―神戸間の開業に合わせて製造された皇室用客車「1号御料車」の彩色図面のほか、京都駅や神戸駅など主要駅に設けられた貴賓室の写真、室内の椅子や机、シャンデリアなど当時の調度品も展示している。

 戦後には国民生活への配慮もあり、「お召し列車」の利用は減少したという。同館は「普段は見ることができない資料を多く飾った。鉄道と皇室の深い関わりを知ってほしい」と話す。

 7月15日まで。入館料必要。水曜休館。

【 2019年05月31日 09時12分 】

ニュース写真

  • 「お召し列車」であることを示す鳳凰の装飾などが並ぶ会場(京都市下京区・京都鉄道博物館)
  • 1872年の新橋―横浜間の鉄道開業式で、初めて運行するお召し列車を描いた錦絵

    観光・社寺のニュース