出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「あじさいウイーク」開幕 5千株咲き始め、京都の柳谷観音

色づき始めたアジサイの花(長岡京市浄土谷・柳谷観音楊谷寺)
色づき始めたアジサイの花(長岡京市浄土谷・柳谷観音楊谷寺)

 京都府長岡京市浄土谷の柳谷観音楊谷寺の「あじさいウイーク」がこのほど、開幕した。境内などに植えられている約5千株のアジサイは花を咲かせ始めた。開花のピークには「あじさいまつり」も行われるなど、アジサイの名所は大勢の参拝者でにぎわう。

 同寺の境内などには約30種のアジサイが植えられている。開花のピークに合わせたあじさいまつりは、同寺と市、市観光協会が実行委員会を設けて23日に開催する。

 アジサイは現在、全体の2~3割が開花。紫やピンク、青など色とりどりの花を咲かせている。同寺によると、昨秋の台風で被害を受けたアジサイは植え直すなどして復旧を進めている。「数日前から開花し始めた。例年並みの咲き具合で、まつりのころが見頃となりそう」という。

 併せて、今回は新緑の名勝庭園「浄土苑」を2階から見下ろす上書院を特別公開した。絵師狩野光信が描いた元号「令和」出典の万葉集を訓読した三十六歌仙の1人、大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)の肖像画を展示。新天皇の即位を祝い寺宝庫では「皇室下賜品特別展」を開き、後桃園(ごももぞの)天皇が寄贈した橘枝香炉や錫竹節形花瓶など10点を紹介している。

 23日の「あじさいまつり」は午前10時から開会。「歌うお坊さん・RYUMYO」などの演奏や「甲冑(かっちゅう)劇・おもてなし武将隊つつじ」がパフォーマンスを披露する。このほか、竹箸作りの体験などもある。シャトルバスの有料運行もある。

 同ウイークは7月7日まで。会期中は、入山料や上書院と寺宝庫の拝観料が必要。問い合わせは同寺075(956)0017。

【 2019年06月10日 11時00分 】

ニュース写真

  • 色づき始めたアジサイの花(長岡京市浄土谷・柳谷観音楊谷寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース