出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭この夏″2度目″の山鉾巡行 後祭で始まる

御池通を進む祇園祭・後祭の山鉾巡行列(24日午前9時37分、京都市中京区)
御池通を進む祇園祭・後祭の山鉾巡行列(24日午前9時37分、京都市中京区)

 祇園祭の後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、京都市中心部で始まった。193年ぶりに唐櫃(からびつ)による巡行復帰を果たした鷹(たか)山を含む11基の山鉾が都大路を進む。

 午前9時半、くじ取らずで先頭の橋弁慶山が中京区御池通烏丸を出発。五条橋で出会った弁慶と牛若丸の一戦の場面を表現したご神体人形をのせた山がゆっくりと進む姿を、沿道に詰め掛けた人たちが見守った。

 真っすぐに伸びる真松(しんまつ)を立てた北観音山、その後ろに今年の「山一番」となった鯉山が続く。御池通寺町の市役所前ではくじの順番通りに巡行しているかを確かめる「くじ改め」、御池通河原町と河原町通四条の交差点では進行方向を変える「辻(つじ)回し」がある。

【 2019年07月24日 09時52分 】

ニュース写真

  • 御池通を進む祇園祭・後祭の山鉾巡行列(24日午前9時37分、京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース