出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「柿氷」爽やか、特産の富有柿でシロップ 滋賀で販売

地元特産の富有柿をほぼ丸ごと1個分使った「柿氷」(高島市今津町深清水・ビラデスト今津)
地元特産の富有柿をほぼ丸ごと1個分使った「柿氷」(高島市今津町深清水・ビラデスト今津)

 滋賀県高島市今津町深清水のレクリエーション施設「家族旅行村ビラデスト今津」のレストランで、地元特産の富有柿(ふゆうがき)の果肉と果汁をシロップに使ったデザートのかき氷を販売している。施設担当者は「一足早く秋を味わい、涼しさを感じて」とアピールしている。

 昨年秋に収穫した富有柿をピューレ状にしたものにレモン果汁を加え、きめ細やかな氷にたっぷりかけた。「果肉の中の種」をイメージして、シロップ漬けにした黒色のタピオカを飾り付けている。カキと「かき氷」を語呂合わせにした「柿(かき)氷」と名付けた。

 試作を重ねたレストラン料理長の海藤達也さん(58)は「カキの甘さと色合いをそのままに、爽やかな風味となるよう心掛けた。大人向けのデザートに仕上げた」と話す。

 500円。8月末ごろまで販売予定。レストラン営業時間は午前11時半~午後2時。ビラデスト今津0740(22)6868。

【 2019年08月12日 12時00分 】

ニュース写真

  • 地元特産の富有柿をほぼ丸ごと1個分使った「柿氷」(高島市今津町深清水・ビラデスト今津)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース