出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

天満宮?それとも天満神社?名称統一巡り、氏子と宮司対立

参道前の石碑には「天満宮」と記されている。だが境内には「天満神社」の由来を示す石碑もある(滋賀県甲賀市信楽町)
参道前の石碑には「天満宮」と記されている。だが境内には「天満神社」の由来を示す石碑もある(滋賀県甲賀市信楽町)

 二つの呼称がある滋賀県甲賀市信楽町小川の「天満宮」「天満神社」の名称一本化を巡り氏子と宮司が対立している。神社本庁への登録や法人登記の神社名は天満神社で、住民らは台帳記録などを基に「本来の名称」という天満宮への変更を求めるが、宮司は「根拠がない」などと拒否。反発した全氏子約150人が署名を突きつける事態となっている。

 地元関係者によると、天満宮は江戸時代に信楽の神山神社から分離。明治政府誕生後に「宮」号が使えなくなり、天満神社へと改名した。神社の国家管理を脱した戦後、北野天満宮(京都市、旧北野神社)のように各地の天満宮の多くが元に戻った。小川地区の場合、1952~53年に宮司(故人)が神社本庁と県に戦前の天満神社のまま手続きを行っていた。

 二つの神社名の存在に不審を抱いた氏子有志らの調査で大津地方法務局信楽出張所の土地台帳に天満神社の前名として天満宮と記されていたことが判明。本殿や鳥居の扁額(へんがく)には天満宮と掲げられ、経緯を知った総代・氏子一同は先ごろ、古来伝わる歴史的な名称に統一することを決めた。

 だが変更手続きは代表役員(宮司)が対応を拒んでいるため難航している。天満神社の北河千秋宮司(79)=京都府精華町=は「本来の名称に戻すというが、正式名を示す歴史資料はない。現神社名も定着している。どちらも祭神は道真公で神社の呼称が複数あるのはよくある」と話す。

 一方、署名を提出した天満宮氏子総代長の鈴木道彦さん(76)は「本来、戦後に戻すべきだった。円満解決を目指し、全氏子の切なる声を宮司に粘り強く訴えていく」と語る。

 神社本庁(東京)は「名称の変更には文書(もんじょ)や公的資料など根拠のあることが前提。そうでなければ通称名のままとなる」という。

【 2019年08月13日 10時30分 】

ニュース写真

  • 参道前の石碑には「天満宮」と記されている。だが境内には「天満神社」の由来を示す石碑もある(滋賀県甲賀市信楽町)
  • 昭和初期建立の鳥居にあった扁額には「天満宮」と刻まれている(滋賀県甲賀市信楽町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース