出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

文豪志賀直哉の旧居宅、解体へ 京都、小説「暗夜行路」に登場

解体される志賀直哉の旧居。小説「暗夜行路」でも重要な舞台となった(京都市北区)=小型無人機から
解体される志賀直哉の旧居。小説「暗夜行路」でも重要な舞台となった(京都市北区)=小型無人機から

 文豪志賀直哉(1883~1971年)の京都時代の旧居の一つで、小説「暗夜行路」でも重要な舞台として描かれた京都市北区の住宅が近く取り壊されることが13日までに分かった。大正期の木造2階建てで老朽化が著しく、現在の所有者が解体・売却の手続きを進めている。

■「暗夜行路」にたびたび登場

 旧居は北野白梅町交差点から南西約200メートルにあり、1910年代に衣笠村(当時)に郊外型住宅として開発され、文化人が多く住んだ「衣笠園」の一角。志賀は新婚間もない15(大正4)年1月に移り住んだ。実父との確執が激しい時期で妻も神経衰弱になり、わずか4カ月余りで退居し京都を離れた。

 この時期の日記は全集未収録で、詳しい暮らしぶりは分かっていない。ただ「暗夜行路」では、自らを投影させた主人公の作家時任謙作と妻直子が新婚生活をスタートさせた家として登場。「二人は衣笠村にいい新建(しんだ)ちの二階家を見つけ、其所(そこ)へ引移った」との描写に始まり、幼い長男の死や直子を襲った悲劇の舞台として、たびたび描かれている。

 2階の書斎は「机を据(す)えた北窓から眺(なが)められる景色が彼(謙作)を喜ばした。正面に丸く松の茂った衣笠山がある。その前に金閣寺の森、奥には鷹(たか)ヶ峰(みね)の一部が見えた」とつづられ、志賀自身も創作の場として使っていたことをうかがわせる。

■「保存の道探ったが、良い策見つからず」

 志賀が退居後はしばらく賃貸住宅として活用。1930年代半ばに入居した男性(故人)が戦後に土地と建物を購入した。その後長く暮らした男性の長男も昨夏に亡くなり、空き家になっていた。

 遺品整理などを進める男性の孫の杉山誠一さん(63)=東京都=は「祖父や、おじ(男性の長男)は誇りに思っていた。特におじは長く2階で生活し著作を集めるなど思い入れが深く、自らが旧居を守っている意識があったと思う」と語る。自身も幼稚園の一時期、この家に暮らしたことがあり、「2階の窓から左大文字が見えた」と振り返る。「保存の道も探ったが、良い策が見つからなかった」と早ければ9月にも取り壊すという。

 京都では明治末期ごろから近代的な郊外型住宅が登場し、北白川や岡崎、下鴨などに先立ち、衣笠園が宅地として造成された。とりわけ知識人階級を意識して貸し出され、志賀をはじめ、土田麦僊(ばくせん)や宇田荻邨(てきそん)ら画家、後には映画関係者も住み、戦前には「芸術村」と目されていた。

 石田潤一郎・京都工芸繊維大名誉教授(建築史)は「志賀の旧居はインテリ層向けの近代和風住宅の原型である上、北山杉を用いた数寄屋風の意匠や土間といった農家風の空間を備えるなど多様な住宅的な要素を併存させている。建築から100年以上がたって往時の建物が消えゆく中、文学史上の価値はもとより、近代の建築史や京都の都市史を考える上でも貴重な建物といえる」と話している。

【 2019年08月14日 10時00分 】

ニュース写真

  • 解体される志賀直哉の旧居。小説「暗夜行路」でも重要な舞台となった(京都市北区)=小型無人機から
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース