出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

星空の下「サップヨガ」楽しんで 大津のプールで開催

星空の下でサップヨガを楽しむ参加者(大津市由美浜・大津湖岸なぎさ公園プール)=市公園緑地協会提供
星空の下でサップヨガを楽しむ参加者(大津市由美浜・大津湖岸なぎさ公園プール)=市公園緑地協会提供

 スタンドアップパドルボード(SUP)の上でヨガをする「サップヨガ」の夜のレッスンが、大津市由美浜の大津湖岸なぎさ公園プールで9月まで開かれている。「星空サップヨガ」と名付け、18日には障害者水泳のグループを招いて体験会を行った。

 「星空―」は大津市公園緑地協会が今夏から始めた。同協会は、昨年4月から同公園に面した琵琶湖でサップヨガの定期レッスンを開いている。

 初回の8月4日には9人が参加。水中やプールサイドに設けられた発光ダイオード(LED)やアロマキャンドルのほのかな明かりの中、不安定なSUPの上でバランスを取りながらヨガを楽しんだ。プールから見える近江大橋などの夜景も好評だったという。

 9月の開催は7、8日の各日午後7時からと8時からの2回。参加費は1回4500円。

【 2019年08月18日 20時53分 】

ニュース写真

  • 星空の下でサップヨガを楽しむ参加者(大津市由美浜・大津湖岸なぎさ公園プール)=市公園緑地協会提供
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    観光・社寺のニュース