出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

みほとけ、暗闇の西陣織に浮かぶ 観光誘客へ非日常空間演出

仏画と明かりが非日常の空間を演出する幻想館(京都市右京区)
仏画と明かりが非日常の空間を演出する幻想館(京都市右京区)

 西陣織の仏画と陶製の明かりで演出する施設「糸のみほとけ幻想館」が6日、京都市右京区嵯峨鳥居本にオープンした。暗闇の中に仏の姿が浮かび上がり、来館者を非日常の空間にいざなう。

 京都や奈良の国宝の仏像を約15年前から西陣織で再現してきた「西陣美術織工房」(上京区)が、奥嵯峨地域への誘客のきっかけになればと開設した。

 広隆寺(右京区)の弥勒菩薩(ぼさつ)半跏(か)像、聖林寺(奈良)の十一面観音立像など仏像15体を、15色の糸とキララ糸で忠実に織った仏画が壁に飾られた。陶器に微細な穴を開けて清水寺やモミジを描いた「陶灯」約50点が点灯すると、仏画の糸がきらきらと輝いた。

 近くに居を構える作家、瀬戸内寂聴さんが描いた「はなひら観音」を西陣織で再現した掛け軸も飾られ、観光客らが見入っていた。姫路市から来た西村和江さん(69)は「日常を忘れて落ち着けます」と話していた。

 開館は金・土・日曜の午前10時~午後5時。入館料500円。同館070(2677)1090。

【 2019年09月09日 12時42分 】

ニュース写真

  • 仏画と明かりが非日常の空間を演出する幻想館(京都市右京区)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    観光・社寺のニュース