出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「HELLO WORLD」北村さん松坂さんら和装で登場

京都が舞台のアニメ映画「HELLO WORLD」の野外上映会で、レッドカーペットを歩く(左から)浜辺美波さん、北村匠海さん、松坂桃李さん=11日午後6時37分、京都市下京区、東本願寺前
京都が舞台のアニメ映画「HELLO WORLD」の野外上映会で、レッドカーペットを歩く(左から)浜辺美波さん、北村匠海さん、松坂桃李さん=11日午後6時37分、京都市下京区、東本願寺前

 京都を舞台にしたアニメ映画「HELLO WORLD」の特別上映会「京都プレミア」が11日、作品に登場する京都市下京区の東本願寺であった。20日の一般公開を前に、主要キャスト役の声を担当した俳優北村匠海さんや松坂桃李さん、浜辺美波さんらが約1500人の来場者に向けて見どころを紹介した。

 御影堂門前に約110メートルにわたってレッドカーペットが敷かれ、和服姿の3人が小雨の中、声援に応えながらゆっくりと歩いた。伊藤智彦監督らを交えたトークで浜辺さんは「展開が早く、ジェットコースターのよう。難しく考えずに見てほしい」と来場者に語り掛けた。伊藤監督は京都を舞台に選んだ理由として「10年後を描くので、急激に変わらなさそうなまちを選んだ」と明かした。

 トークの後、映画で「聖地」となる京都タワーを背景にして、境内に縦5・5メートル横10メートルの巨大なスクリーンが設置され、映画が上映された。レインコートを着た来場者は迫力ある映像を楽しんでいた。

【 2019年09月11日 21時20分 】

ニュース写真

  • 京都が舞台のアニメ映画「HELLO WORLD」の野外上映会で、レッドカーペットを歩く(左から)浜辺美波さん、北村匠海さん、松坂桃李さん=11日午後6時37分、京都市下京区、東本願寺前
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    観光・社寺のニュース