出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都、連覇へ若手再結集 14日、全国女子駅伝

筒井咲帆、菅野七虹、一山麻緒の3選手
筒井咲帆、菅野七虹、一山麻緒の3選手

 1月14日に京都市内で開かれる皇后杯第36回全国都道府県対抗女子駅伝のエントリーが12月26日までに締め切られ、全47チームの選手が決定した。連覇を目指す京都は9人が前回に続きメンバー入りした。若手の実業団選手に力のある大学生、中高生がそろい、平均年齢は17・9歳。3年目となる沢井宏次監督は「目標は連覇。経験者も多いが、さらに上を目指すつもりで油断せずやってほしい」と語る。

 実業団からは20歳の一山麻緒(ワコール)が、2月の日本選手権クロスカントリーで優勝、6月の日本選手権では5000メートル、1万メートルの両方で4位と好調だ。11月の全日本実業団駅伝で1区を走ったルーキーの菅野七虹(豊田自動織機、立命館宇治高-立命大出)、前回のアンカーで2月の全日本実業団ハーフマラソン2位の筒井咲帆(ヤマダ電機、乙訓高出)も出場する。

 大学生で唯一エントリーされたのは、立命大の和田優香里(乙訓高出)。全日本大学駅伝ではアンカーで区間2位と好走した。

 高校生は全国高校駅伝で4位入賞の立命館宇治から片山弓華ら3人がそろった。前回走った長谷川詩乃、谷口真菜に加え、枚田茉優が初めて代表入り。

 中学生は、8月の全国中学体育大会1500メートル4位、10月のジュニアオリンピック3000メートル3位と実力のある大住中の橋本充央、全国中学駅伝の1区を走って桂中の4連覇に貢献した松室真優、京都府中学駅伝1区区間2位の三原梓が選ばれた。

      ◇京都チームのメンバー◇

                 今季最高記録

監 督 沢井 宏次(桂高教)

コーチ 奥田真由美(網野高教)

    渡部 博子(西京極中教)

選 手○菅野 七虹(豊田自動織機) 5000メートル 15分47秒24

    和田優香里(立命大)      1万メートル 33分39秒28

   ○筒井 咲帆(ヤマダ電機)  5000メートル 15分46秒89

    一山 麻緒(ワコール)   5000メートル 15分24秒17

    又村 菜月(立命館宇治高) 3000メートル  9分20秒66

    谷口 真菜(京都外大西高) 3000メートル  9分29秒06

    長谷川詩乃(桂  高)   3000メートル  9分19秒90

    片山 弓華(立命館宇治高) 3000メートル  9分20秒42

    枚田 茉優(京都光華高)  3000メートル  9分29秒63

    桶谷 南実(立命館宇治高) 3000メートル  9分19秒98

    橋本 充央(大住中)    3000メートル  9分24秒42

    松室 真優(桂  中)   3000メートル  9分42秒62

    三原  梓(男山東中)   3000メートル  9分45秒69

 ○はふるさと出場 

【 2018年01月01日 17時55分 】

ニュース写真

  • 筒井咲帆、菅野七虹、一山麻緒の3選手
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース