出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

女子駅伝へ京都・滋賀チームが新年合宿 14日号砲

新年の合宿が始まり、走り込む京都チームの中高生たち(写真上、京産大総合グラウンド)と年明けの合宿で練習を再開した滋賀チームの選手(西京極補助競技場)
新年の合宿が始まり、走り込む京都チームの中高生たち(写真上、京産大総合グラウンド)と年明けの合宿で練習を再開した滋賀チームの選手(西京極補助競技場)

 京都、滋賀チームが4日、それぞれ新年合宿をスタートした。本番まで残り10日間となり、選手たちは真剣な表情で走り込んだ。

 連覇を狙う京都は午後2時に中高生9人が京都市内のホテルに集合。沢井宏次監督は「しっかりチーム作りをしながら個々の調子を上げてほしい」と呼びかけた。チームは京産大総合グラウンドに移動し、中学、高校生がペース走でそれぞれの課題に取り組んだ。谷口真菜(京都外大西高3年)は「年末合宿より良い動きができていると思う」、桶谷南美(立命館宇治高1年)は「全国高校駅伝の疲労が抜け、体が動くようになってきた」と手応えを感じていた。

 滋賀は中学から大学までの選手10人が西京極補助競技場で汗を流した。吉居克弘監督らの指示を受けながら体を動かし、午後は本番のコースを試走した。

 3年連続出場となる菅原彩乃(びわこ学院大1年)は、竹中理沙(資生堂)が合流するまで主将代理を務める。「滋賀県に貢献する走りをしたい。チームをまとめる責任も感じている」と話す。飛田凜香(比叡山高2年)は「気持ちを一つにして、全員が合流したときにいい雰囲気で迎えたい」と話した。

【 2018年01月04日 23時10分 】

ニュース写真

  • 新年の合宿が始まり、走り込む京都チームの中高生たち(写真上、京産大総合グラウンド)と年明けの合宿で練習を再開した滋賀チームの選手(西京極補助競技場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      20歳成人式、京都市は継続 和装業界配慮、政令市で初表明

      20180918000136

       京都市の門川大作市長は18日の定例記者会見で、2022年の成人年齢引き下げ後も、成人式..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時100ドル超高

      20180918000180

       【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日か..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初心者向け「ビワイチ学校」開校へ 大津のグループ企画

      20180918000091

       琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」を初心者にも楽しんでもらおうと、滋賀県内の自転車愛..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ゴーン三菱自会長「多様性は力に」 京都で学生らと対話集会

      20180918000021

       三菱自動車のカルロス・ゴーン会長と学生らによる対話集会が17日、京都市上京区の同志社大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      追い込み漁で今季初捕獲、和歌山
      ハナゴンドウ4頭

      20180918000121

       和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を..... [ 記事へ ]

      国際

      仏内相、19年にも辞任意向
      マクロン政権失速の印象強まる

      20180918000132

       【パリ共同】フランスのマクロン政権の有力閣僚コロン内相(71)は、南部リヨン市長への復..... [ 記事へ ]