出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

五輪代表DNA継承、静岡の高校生健闘誓う 全国女子駅伝

「前に出る走りをしたい」と本番を前に気持ちを高ぶらせる静岡チームの牛選手(京都市中京区)
「前に出る走りをしたい」と本番を前に気持ちを高ぶらせる静岡チームの牛選手(京都市中京区)

 母はソウル五輪女子マラソン代表、父は陸上のアジア大会代表-。中国人トップ選手のDNAを引き継ぐ高校生ランナーが、静岡チームの代表として初の全国女子駅伝(14日)に挑む。中学時代から憧れていた都大路で「前に出る走りをしたい」と健闘を誓う。

 浜松開誠館高2年の牛佳慧(ぎゅうかえ)さん(17)=浜松市。母の趙友鳳(ちょうゆうほう)さん(52)は1986年に陸上留学で来日した。日本で練習を積み、ソウル五輪で5位に入賞。名古屋国際女子マラソン2連覇、90年の北京アジア大会女子マラソン金メダルと実績を残した。現役引退後は指導者に転身し、2年前まで高校や実業団のコーチを務めた。

 娘の牛さんは日本で生まれ育った。小学5年で陸上を始め、中学時代、全日本中学陸上選手権と全国女子駅伝を目指したが、いずれもかなわなかった。「悔しかった。練習に向き合う意識が変わった」と振り返る。「ピッチ走法に変えた方が良い」との母の助言も胸に響いたという。

 同高入学後、あらためて全国女子駅伝と全国高校総体出場を目標に掲げた。腕の振り方や姿勢などを改善し、昨年の東日本女子駅伝では7区区間5位と好走。「思った以上に走れた。この流れで女子駅伝でも全力を尽くす」と意気込む。177センチと長身を生かした走りと、ラストの追い上げが強みで、渋川努監督(45)も「推進力がある」と期待を寄せる。趙さんは娘の女子駅伝出場を喜び、「一つでも順位を上げ、チームに貢献して」と激励。一方で、「まだまだ力不足。女子駅伝が殻を破るきっかけになってほしい」と親心をのぞかせる。

 牛さんは京都へ向かう朝、母に「前の選手を捕らえても安心せず、前に出て」と送り出された。「力を出し切り、たすきをつなぐ」。母の言葉を心に刻み、号砲を待っている。

【 2018年01月13日 09時40分 】

ニュース写真

  • 「前に出る走りをしたい」と本番を前に気持ちを高ぶらせる静岡チームの牛選手(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      安倍首相、トランプ氏と夕食会
      NY到着、貿易議論も

      20180924000005

       【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日午前)、国連総会出席のため..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」

      20180923000117

       滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      正恩氏、大同江の水質に懸念示す
      ソウル市長に

      20180923000119

       【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、平壌を流れる大同江の水質に懸念を示して..... [ 記事へ ]