出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

車いす駅伝に健常者チーム初出場 11日号砲、心待ちに

初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区
初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区

 11日に京都市内で行われる「第29回全国車いす駅伝」に、健常者だけのチームが初めて出場する。メンバーの6人はこれまで各都道府県チームのスタッフなどで大会に関わってきたが、今回は「車いすマラソン愛好会」としてオープン参加する。「うれしい。まずはレースを楽しみたい」と号砲を心待ちにしている。

 メンバーは宮城や愛知など4県の男性5人と女性1人で、普段から競技用車いす「レーサー」に乗って練習している。監督を務める埼玉県の特別支援学校教諭の吉川博史さん(63)=埼玉県越谷市=は、競技歴20年。全国車いす駅伝には過去埼玉チームの監督として参加し「選手がうらやましいと思っていた」という。

 全国には健常者も出場できる車いすマラソン大会があり、数年前から愛好会のメンバーの一人で宮城県職員の藤田悦生さん=仙台市=が中心となって同駅伝への参加を要請してきた。昨年の大会で選手に健常者チーム参加の是非を聞いたところ大半が賛成で、今回のオープン参加が決まった。

 同駅伝は昨年、参加チーム数が18と過去最少だった。来年30回の節目を迎える前の新たな試みに、京都障害者スポーツ振興会(京都市左京区)の中村芳道事務局長(61)は「今の共生社会の流れの中で、障害者と健常者が一緒に参加することに意義がある」と強調する。愛好会の佐藤貴洋主将(50)=千葉市=も「今回をきっかけにレースの輪が広がれば」と話す。

【 2018年03月11日 05時00分 】

ニュース写真

  • 初参加する健常者チーム「車いすマラソン愛好会」のメンバー(写真左列)。車いすの選手と一緒に開会式に参加した=京都市左京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      安倍首相、トランプ氏と夕食会
      NY到着、貿易議論も

      20180924000005

       【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日午前)、国連総会出席のため..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ハギの花見頃 京都・綾部、正暦寺で「まつり」

      20180924000016

       ハギの花が見頃を迎えている京都府綾部市寺町の正暦寺で23日、「萩まつり」が営まれた。白..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      モルディブで政権交代
      大統領選、中国依存脱却へ

      20180924000008

       【マレ共同】インド洋の島国モルディブで23日行われた大統領選は開票が進み、選挙管理委員..... [ 記事へ ]