出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

柔道芳田真、初の日本一 姉は世界代表「絶対優勝したんねん」

「相手の先手を取りたい」とさらなる高みを目指して練習に励む芳田真(滋賀県立武道館)
「相手の先手を取りたい」とさらなる高みを目指して練習に励む芳田真(滋賀県立武道館)

 3月に日本武道館(東京)で行われた柔道の全国高校選手権で、女子48キロ級の芳田真(さな)(比叡山、京都市上京区)が初優勝を果たした。姉で世界選手権代表の司(つかさ)(コマツ)に憧れ、天性の勝負勘と優れたスタミナを受け継ぐ。自身初の日本一をつかみ、「絶対優勝したんねんという気持ちだった。意地でも食らいついてやろうと思った」と振り返った。

 小学1年で柔道を始め、主に近くの道場「練心会」で腕を磨いた。広陵中(奈良)で全国中学大会に出場し、比叡山高に進学。1年で全国高校総体3位など成績を残したが、頂点には届かなかった。

 昨秋から女子主将を任され、厳しい練習で妥協しがちだった精神面が鍛えられたという。練習や試合、学校生活では「自分ができないことを人に言うわけにはいかない。苦しくても我慢」を心掛け、率先して仲間に声を掛ける機会も増えた。

 全国高校選手権では準々決勝、準決勝を優勢で勝ち上がり、決勝は大外刈りで制した。身長152センチと小柄だが、米富和郎監督は「技を掛けるタイミングなどセンスが抜群。努力できる才能があり、小さい頃からランニングで鍛えた持久力はずばぬけている」と褒める。

 優勝して今後は追われる立場となる。芳田は「全国高校総体や全日本ジュニアで勝って本物の日本一になれる。向かってくる選手を跳ね返したい」。強気な言葉で自らを奮い立たせる。

【 2018年04月24日 15時00分 】

ニュース写真

  • 「相手の先手を取りたい」とさらなる高みを目指して練習に励む芳田真(滋賀県立武道館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      「俳句甲子園」が開幕、松山
      「思いを言葉に」

      20180818000048

       高校生が5人一組で俳句の出来栄えや鑑賞力を競い、日本一を決める第21回「俳句甲子園」の..... [ 記事へ ]

      経済

      米格付け大手がトルコ格下げ
      通貨リラ安で、市場混乱も

      20180818000016

       【ロンドン共同】米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは17日、トルコの外貨建て長..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      市民手作り竹灯籠、参道照らす 滋賀・栗東の萬年寺

      20180818000051

       滋賀県栗東市小野の萬年寺で18日に営まれる法要で、市民らが作った約50個の竹灯籠が参道..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      司法省職員も機密権剥奪へ
      トランプ大統領「早急に」

      20180818000012

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は17日、司法省の現役職員ブルース・オー氏から政府機..... [ 記事へ ]