出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ホッケーさくらJ、走力と組織力を強化 中村副本部長に聞く

ホッケー女子W杯の日本代表でチームリーダーを務める、日本ホッケー協会強化本部の中村副本部長(京都市中京区)
ホッケー女子W杯の日本代表でチームリーダーを務める、日本ホッケー協会強化本部の中村副本部長(京都市中京区)

 ホッケー女子の第14回ワールドカップ(W杯)が7月21日から8月5日まで、ロンドンで開催される。日本代表にとっては、2年後の東京五輪へ重要な試金石となる。日本協会強化本部の中村真理副本部長(元京都すばる高教諭)に、「さくらジャパン」の現状と展望を聞いた。

 -オーストラリア人のアンソニー・ファリー監督が昨年5月から代表を指揮している。目指すスタイルは。

 「ひと言でいえば攻撃的なホッケー。試合を通して前線からプレスをかけ、高い位置でボールを奪ってカウンターを仕掛ける。相当に走るスタイル。攻守のシステムを何パターンも持っており、相手を緻密に分析して使い分ける。強くなる可能性は感じているが、具現化に時間がかかると思う」

 -W杯で日本は1次リーグでニュージーランド(世界ランキング4位)、オーストラリア(同5位)、ベルギー(同13位)と同組になった。

 「厳しい相手がそろう死のグループに入った。ベルギーはランキングは低いが近年力をつけ、この組で最も強いと思う。ファリー監督の就任から積み重ねてきた成果が出て欲しい」

 -日本代表にDF内藤夏紀(立命大出)、米原市出身のFW清水美並とMF松本夏波という京滋関係者が選ばれた。内藤は主将にもなった。各選手の長所は。

 「内藤は一対一の駆け引きがうまく、守備の要。性格も穏やかで周囲から信頼されている。清水はFWの中心で、シュートセンスがある。松本は中盤の選手だが守備もでき、全般的な能力が高い」

 -世界で戦うために必要なことは。

 「海外の強豪とは体格差があり、走力と組織力で上回らなければ勝てない。強化合宿の日数を増やし、厳しい国際試合を勝ちきる経験を積む必要がある。目標は東京五輪でのメダル獲得。W杯に続き、8月のアジア大会でもいい試合をして、自信につなげたい」

【 2018年07月13日 11時40分 】

ニュース写真

  • ホッケー女子W杯の日本代表でチームリーダーを務める、日本ホッケー協会強化本部の中村副本部長(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      愛知でスペシャル五輪開幕
      選手千人参加、国内大会

      20180922000102

       知的障害のあるアスリートのスポーツイベント「スペシャルオリンピックス(SO)」の国内大..... [ 記事へ ]

      経済

      鴨川沿い「鮒鶴」でチョコイベント 「夏のなごり」テーマに

      20180922000086

       洋菓子製造販売のマールブランシュを運営するロマンライフ(京都市山科区)は25日午後5時..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多様な性、見て考えて 関西クィア映画祭開幕、京都は10月

      20180922000061

       性をテーマに国内外の作品を集めた「関西クィア映画祭」(実行委主催)が22日に大阪府豊中..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      こうのとり打ち上げへ準備
      宇宙ステーションに物資輸送

      20180922000043

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ..... [ 記事へ ]

      国際

      来年はノーベル文学賞復活
      性暴行疑惑から立て直し

      20180922000077

       ノーベル文学賞の選考主体、スウェーデン・アカデミーのアンデシュ・オルソン事務局長は22..... [ 記事へ ]