出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

龍谷大平安・原田監督「終始リードしたい」 鳥取城北監督と対談

初戦でぶつかる鳥取城北の山木監督(左)と握手する龍谷大平安の原田監督=甲子園球場
初戦でぶつかる鳥取城北の山木監督(左)と握手する龍谷大平安の原田監督=甲子園球場

 龍谷大平安は11日の第1試合で鳥取城北とぶつかる。龍谷大平安の原田英彦監督と鳥取城北の山木博之監督に初戦へ向けた意気込みを聞いた。

 -互いの印象は。

 原田監督「走攻守いずれもまとまりのあるチーム」

 山木監督「爆発力があり、気持ちが入った野球をしている」

 -警戒する選手は。

 原田監督「中軸の左打者(片山、藤原)。難波投手は奪三振が多く、決め球に注意したい」

 山木監督「3番(松本)ら中軸に力がある。全体で三振が少なく四死球は多い。単に振る打線ではない」

 -理想の試合展開は。

 原田監督「先制、中押し、だめ押し。先取点を奪い、終始リードしたい」

 山木監督「先制したい。失点したとしても食らいつく」

 -意気込みは。

 原田監督「この舞台で選手の力を出させてやりたい。必ず通算100勝を成し遂げる」

 山木監督「記念大会で龍谷大平安と試合ができるのはうれしい。思い切りぶつかる」

【 2018年08月11日 07時00分 】

ニュース写真

  • 初戦でぶつかる鳥取城北の山木監督(左)と握手する龍谷大平安の原田監督=甲子園球場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース