出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

立命大連覇へ投手陣が充実 関西学生野球1日開幕

関西学生野球秋季リーグ日程
関西学生野球秋季リーグ日程

 関西学生野球秋季リーグは9月1日、わかさスタジアム京都で開幕する。春季王者の立命大は連覇を目指し、投打に磨きをかける。2位の関大が昨秋以来の王座奪還を狙い、近大、同大、関学大も上位進出を伺う。春季3勝の京大は勝ち点獲得に闘志を燃やす。

 立命大は直球が持ち味のエース右腕山上(4年、立命館宇治)をはじめ、左腕の坂本(3年、福岡大大濠)、左腕小橋(4年、立命館)と投手陣が充実。打線はリーグ通算安打記録を狙うプロ注目の主将辰己(4年、社)を軸に、橋本和(2年、龍谷大平安)らがつなげる。

 同大は主将のエース福島(4年、大阪桐蔭)が鍵。春季リーグ3勝の仲野(2年、天理)も安定感がある。打線は福原(4年、今治西)、辻(4年、履正社)らがチャンスを作る。

 京大は経験豊富な樋川(4年、水戸第一)、春季リーグの関大戦で完封勝利を挙げた藤原(3年、東海大仰星)が2本柱。攻撃は3番西(3年、西京)、4番鈴木一(4年、刈谷)が走者をかえしたい。

 関大は捕手の高橋(4年、龍谷大平安)が主将として引っ張る。近大は左腕小寺(4年、岡山理大付)に期待がかかり、関学大は右腕藤井(4年、九州学院)が中心となり上位を狙う。

【 2018年08月30日 16時00分 】

ニュース写真

  • 関西学生野球秋季リーグ日程
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース