出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京学園大軸に花園大、佛大の混戦も 京滋大学野球1日開幕

京滋大学野球秋季リーグ日程
京滋大学野球秋季リーグ日程

 京滋大学野球は9月1日、守山市民球場で開幕する。京学園大が今春に続き2季連続の優勝を目指し、5季ぶりの頂点を狙う花園大、2季ぶりの王座奪還を目指す佛大が追う。初優勝を見据えるびわこ成蹊スポーツ大も絡み、優勝争いは混戦が予想される。

 京学園大は投打ともに選手層が厚い。春に最優秀選手に輝いたエース川瀬(4年、米子松蔭)を軸に3年の足立(綾部)らが充実。打線は春首位打者の安達(3年、比叡山)や主砲の山上(4年、日星)が健在だ。

 春2位の花園大はエースの大江克(4年、塔南)が大黒柱。右腕の青山(4年、龍谷大平安)や穐山(2年、北嵯峨)も力がある。春打率4割2分6厘の福原諒(3年、福井工大福井)ら打線が援護したい。春3位の佛大は、殿城(光泉)と大村(北大津)の4年生投手の復調が鍵になる。ともに3年の中山怜(奈良大付)や福森(水口)は春に3勝を挙げ、経験を積んだ。

 びわこ成蹊大は同大元監督の石井智氏が新監督に就任。春に新人王を獲得した大原(2年、比叡山)ら2、3年に力がある。春に佛大から勝ち点を挙げた滋賀大、1部に復帰した京教大も躍進を目指す。

【 2018年08月31日 08時00分 】

ニュース写真

  • 京滋大学野球秋季リーグ日程
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース