出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

母校での指揮は「恩返し」
小宮山氏、早大野球部の次期監督

 東京六大学リーグの早大の次期監督に決まり、記者会見する小宮山悟氏=6日、東京都新宿区
 東京六大学リーグの早大の次期監督に決まり、記者会見する小宮山悟氏=6日、東京都新宿区

 プロ野球ロッテや米大リーグのメッツなどで投手として活躍し、東京六大学リーグの早大の次期監督に決まった小宮山悟氏(52)が6日、東京都内の同大で会見し「引き受ける理由の一番は恩返し。一球入魂という思いを強く持てるか」と母校での指揮に抱負を語った。任期は来年1月1日から4年間の予定。

 早大は2015年の春秋連覇後に優勝がなく、昨秋は5位で70年ぶり最下位。再建を託される小宮山氏はプロでの指導歴はないが「ある程度のレベルでプレーしていた自負がある。選手一人一人が考えて高めていくことが大事」と話した。東京六大学リーグで大リーグ経験者が指揮を執るのは初めて。

【 2018年09月06日 18時36分 】

ニュース写真

  •  東京六大学リーグの早大の次期監督に決まり、記者会見する小宮山悟氏=6日、東京都新宿区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース