出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ハンナリーズとサンガ、はしご観戦いかが 3クラブ合同企画

合同イベント「プレミアムサタデー」に向けて決意を語る(右から)サンガの仙頭、フローラのみなみ、ハンナリーズの伊藤=京都市南区・京都テルサ
合同イベント「プレミアムサタデー」に向けて決意を語る(右から)サンガの仙頭、フローラのみなみ、ハンナリーズの伊藤=京都市南区・京都テルサ

 京都のプロスポーツ3クラブなどによる合同企画「プレミアムサタデー in Kyoto」が13日、西京極総合運動公園で開かれる。同日に行われるJ2京都サンガFCとB1京都ハンナリーズの試合でコラボイベントがある。

 西京極を本拠とするクラブが連携して誘客や魅力向上をアピールする試みで昨年に続き2回目。試合はハンナリーズが午後2時5分、サンガが同5時開始となり、「はしご観戦」は特別価格で当日券を購入できる特典がある。

 ハンナリーズの試合では正午から、女子プロ野球京都フローラの小西美加ら4選手と3クラブのマスコットキャラクターの連合チームが、公募で集まった小学生以下のチームとバスケットボール対決をする。サンガの試合ではハンナリーズとフローラのマスコットが登場し、盛り上げる。

 当日は同公園内に飲食や体力測定のブースも出店され、お祭りムードを演出する。

【 2018年10月12日 09時37分 】

ニュース写真

  • 合同イベント「プレミアムサタデー」に向けて決意を語る(右から)サンガの仙頭、フローラのみなみ、ハンナリーズの伊藤=京都市南区・京都テルサ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース