出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

全日本大学駅伝、青学大が優勝
2年ぶり2度目

 全日本大学駅伝でゴールする青学大のアンカー・梶谷瑠哉。2年ぶり2度目の優勝を果たした=伊勢神宮
 全日本大学駅伝でゴールする青学大のアンカー・梶谷瑠哉。2年ぶり2度目の優勝を果たした=伊勢神宮

 全日本大学駅伝は4日、名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106・8キロに27チーム(オープン参加2を含む)が出場して争われ、青学大が5時間13分11秒で2年ぶり2度目の優勝を決めた。10月の出雲全日本大学選抜駅伝に続く2冠。東海大が2分20秒差の2位、東洋大が3位に入った。

 青学大は6区まで2位につけ、11秒差でたすきを受けた7区の森田歩希が首位の東海大を逆転。最終8区でも差を広げた。4位駒大、5位帝京大、6位国学院大、7位法大、8位城西大までが来年のシード権を獲得。前回覇者の神奈川大は10位だった。

【 2018年11月04日 15時26分 】

ニュース写真

  •  全日本大学駅伝でゴールする青学大のアンカー・梶谷瑠哉。2年ぶり2度目の優勝を果たした=伊勢神宮
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース