出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

夏合宿で自信、圧勝劇 京都府高校駅伝男子で洛南V

大会新記録で4連覇を決めた洛南のアンカー諸冨(左)、立命館宇治の1区三原梓(左)からたすきを受け走り出す桶谷=丹波自然運動公園
大会新記録で4連覇を決めた洛南のアンカー諸冨(左)、立命館宇治の1区三原梓(左)からたすきを受け走り出す桶谷=丹波自然運動公園

 全国高校駅伝(12月23日・京都市)の予選を兼ねた男子第69回、女子第35回の京都府高校駅伝が4日、丹波自然運動公園陸上競技場を発着する男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで行われ、男子は洛南が大会新となる2時間5分48秒で4年連続25度目の優勝を飾った。

 7人全員が区間賞。大会新記録をたたきだし、2位に4分1秒の大差を付ける洛南の圧勝劇だった。4連覇のゴールテープを切ったアンカーの諸冨は「大会新記録での優勝が目標だった。うれしい」と笑みを浮かべた。

 1区三浦の快走で独走態勢を築いた。3000メートル障害近畿高校記録を持つ2年生は後半で後続を突き放すと、2位に28秒差を付け区間記録にあと4秒に迫った。「最初から自分のリズムで走れた」と冷静に振り返る。その後も選手がそれぞれの目標タイムを目指して力走し、後続との差を広げ続けた。

 成長の原動力は、1区で大きく出遅れ45位だった昨年の全国高校駅伝の悔しさだ。各選手が「都大路で返り咲く」ことを目標に、春からトラックで力を伸ばし、夏合宿で自信を深めた。奥村監督は「夏合宿は練習の設定タイムが例年より早く、けが人が出なかった」と手応えを語る。

 大会初出場の3年の若山は1、2年はけがで苦しみ、「後輩の後ろを走って悔しかった」。この日は主要区間の4区で上り坂を積極的に攻め、25分10秒の好記録をマーク。最上級生の意地を見せた。盛本主将は「今日走れなかったメンバーも力を付けている」と自信をのぞかせる。雪辱の都大路に向け、チームの団結力がさらに高まった。

 ■成長の跡見せる

 4年ぶりの頂点を狙った男子の京都外大西は洛南に懸命に食らいついたが、背中は遠かった。1区2位の山田主将は「成長の跡を見せられたが、洛南は強かった。後悔はしていない」とすがすがしい表情だった。

 山田主将と全国高校総体3000メートル障害6位の富山を軸にチームで力を伸ばしてきた。中井監督は「3年生はチームを引っ張ってくれた。1、2年はこの悔しさを糧に地力をつけてほしい」と期待した。

【 2018年11月05日 13時48分 】

ニュース写真

  • 大会新記録で4連覇を決めた洛南のアンカー諸冨(左)、立命館宇治の1区三原梓(左)からたすきを受け走り出す桶谷=丹波自然運動公園
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース