出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

柔道、マスターズから選手帰国
初優勝の素根「先に攻めた」

国体主会場の用地買収の進み具合について参考人として説明する大久保貴彦根市長(右)=滋賀県庁
国体主会場の用地買収の進み具合について参考人として説明する大久保貴彦根市長(右)=滋賀県庁

 柔道のマスターズ大会(広州=中国)に出場した日本代表が17日、羽田空港に帰国し、女子78キロ超級で初優勝した全日本女王の18歳、素根輝は「先に先に攻めることを頭に入れ、しっかり(技を)出せた」と笑顔で語った。

 世界ランキング上位者による大会で準決勝までの3試合を一本勝ち。決勝は11月のグランドスラム大阪大会で敗れた2012年ロンドン五輪女王のイダリス・オルティス(キューバ)を指導3による反則勝ちで破り「どんな形でも勝とうと思った」と胸を張った。

 男子で66キロ級の丸山城志郎は4試合全て一本勝ちで初制覇した。「結果も内容も自信になった」と充実の表情だった。

【 2018年12月17日 21時36分 】

ニュース写真

  • 国体主会場の用地買収の進み具合について参考人として説明する大久保貴彦根市長(右)=滋賀県庁
  •  羽田空港で取材に応じる柔道女子の素根輝=17日
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース