出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都、王座奪還期し力充実 全国女子駅伝

笑顔を見せながら走る京都チームの中高生たち(京産大総合グラウンド) 
笑顔を見せながら走る京都チームの中高生たち(京産大総合グラウンド) 

 皇后杯第37回全国都道府県対抗女子駅伝のエントリーが26日までに締め切られ、47チームの顔ぶれが決まった。

 2大会ぶりの王座奪還を目指す京都は、力をつけた実業団選手と伸び盛りの中高生がそろった。9人が前回と同じ顔ぶれで平均年齢は17・3歳。26日から京都市内で合宿を開始し、沢井宏次監督は「京都は常に優勝を目指している。一つにまとまり、持てる力を出し切ってほしい」と呼びかけた。

 実業団は5人のうち4人が11月の全日本実業団駅伝5位のワコール勢。1区3位の一山麻緒は国内外で経験を積み成長を続ける。アンカーを任され区間2位の長谷川詩乃(桂高出)らルーキー3人も名を連ねた。ふるさと枠で3年連続エントリーの筒井咲帆(ヤマダ電機、乙訓高出)は初めて主将を務める。

 大学生は選ばれず、高校生は全国高校駅伝7位の立命館宇治から桶谷南実ら3人が代表入り。初選出の高橋栞奈は「テレビや沿道で見ていた憧れの舞台で走り、優勝したい」と力を込める。

 中学生は、10月のジュニア五輪A3000メートル7位の黒田千景(桂川)、全国中学駅伝で1区区間賞を奪い桂の5連覇に貢献した鎌田幸来、京都市中学駅伝で桂を抑えて優勝した樫原のエース村松結がメンバーに入った。

 30日までの年内合宿には中高生8人が参加した。初日は京産大総合グラウンドで、中高生に分かれ、トラックを周回するなどした。鎌田は「京都の一員として当日に走れるよう頑張る」と意気込みを語った。

【 2018年12月27日 18時30分 】

ニュース写真

  • 笑顔を見せながら走る京都チームの中高生たち(京産大総合グラウンド) 
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース