出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

フェンシング小学生、会長に勝利
太田雄貴杯

 フェンシングの「太田雄貴杯」を終え、あいさつする日本協会の太田会長(前列中央)=6日、東京都世田谷区
 フェンシングの「太田雄貴杯」を終え、あいさつする日本協会の太田会長(前列中央)=6日、東京都世田谷区

 フェンシングの普及や選手育成を目的に発足し、第10回の節目を迎えた「太田雄貴杯」が6日、東京都内で小学3~6年生を対象に開催された。男子の個人戦で優勝した千葉忠輝君が五輪銀メダリストで日本協会の太田会長と対戦する「チャレンジマッチ」で勝利する一幕もあり、会場は盛り上がった。

 ユニホーム姿で、人前で試合をしたのは2016年リオデジャネイロ五輪以来という太田会長は「強かった。参りました」と“復帰戦”に苦笑い。それでも「下の世代が育っているのはうれしい。この大会から多くの日本代表が育ってほしい」とエールを送った。

【 2019年01月06日 20時16分 】

ニュース写真

  •  フェンシングの「太田雄貴杯」を終え、あいさつする日本協会の太田会長(前列中央)=6日、東京都世田谷区
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース