出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

神奈川、実業団と大学勢充実 <全国女子駅伝 関東>

全日本実業団駅伝5区区間新の堀。神奈川からパナソニック勢が3人出場する(2018年11月、仙台市)
全日本実業団駅伝5区区間新の堀。神奈川からパナソニック勢が3人出場する(2018年11月、仙台市)

 皇后杯第37回全国都道府県対抗女子駅伝が13日、京都市内で行われる。47チームの有力選手や意気込みを紹介する。

 <関東>

 2年連続入賞の神奈川は実業団勢と大学生が充実する。全日本実業団駅伝を2連覇したパナソニックから、区間賞を獲得した堀優花や森田香織らが顔をそろえる。大学生は佐藤成葉(立命大)がロードに強く、高校生も吉村玲美(白鵬女高)が前回5区区間賞と強力だ。安養寺俊隆監督は「チーム一丸の駅伝で、前回の6位を上回りたい」と意気込む。

 東京も実業団勢が豪華だ。4年ぶりに競技復帰したロンドン五輪代表の新谷仁美(ナイキTOKYOTC)が東京から初出場。日本選手権1500メートル2位の卜部蘭(同)やリオデジャネイロ五輪代表の関根花観(日本郵政グループ)もエントリーし、中村孝生監督は「序盤から流れに乗れれば楽しみ」と上位入賞を視野に入れる。

 入賞を目指す千葉はバランスの取れた布陣だ。滝田輝行監督は「若いメンバーが多く次につながる大会にしてほしい」と期待する。全日本実業団駅伝2区3位の内藤早紀子(パナソニック)がふるさと出場。全国高校駅伝1区3位の風間歩佳ら成田高の選手も力がある。

 群馬は全日本実業団選手権1万メートル3位の岡本春美(三井住友海上)と、全日本大学選抜駅伝3区区間賞の樺沢和佳奈(慶大)がチームを引っ張る。永井聡監督は「アンカーの岡本に入賞が見える位置でつなぎたい」と展望を描く。

 山梨は全日本実業団駅伝4区5位の飯野摩耶(第一生命)と全国高校駅伝1区5位の小笠原朱里(山梨学院高)が軸。鈴木久雄監督は「39位の前回の悔しさを晴らし、10位台を目指したい」。

 埼玉の沢口功監督は「序盤で流れをつかみ、20位以内に入れれば」と語る。初のふるさと出場の鈴木翔子(ヤマダ電機)が主要区間を担う。茨城は全日本実業団駅伝1区を走った23歳の西野まほ(スターツ)が最年長。小田英明監督は「若い選手たちの勢いに期待したい」と20位台を目標に掲げる。栃木は大学生が主体で、高校生は1年3人、中学も2年2人と若いメンバーで臨む。鈴木賢一監督は「粘り強く、1秒を大切にしたい」と見据える。

【 2019年01月08日 14時38分 】

ニュース写真

  • 全日本実業団駅伝5区区間新の堀。神奈川からパナソニック勢が3人出場する(2018年11月、仙台市)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース