出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

本番へ走り万全、高ぶる気持ち 全国女子駅伝で直前練習

レース本番を翌日に控え、調整する選手たち(12日午前、京都市右京区・西京極陸上競技場)
レース本番を翌日に控え、調整する選手たち(12日午前、京都市右京区・西京極陸上競技場)

 皇后杯第37回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連主催、京都新聞、NHK共催、村田機械協賛)を翌日に控えた12日午前、レースの発着点となる西京極陸上競技場(京都市右京区)で、各都道府県の代表チームが直前練習を行って本番に備えた。

 午前9時すぎから、代表のウエアに身を包んだ選手らが続々と集まってきた。入念な準備運動で体をほぐした後、軽快な走りでトラックを周回。タイムを測って状態を確認しながら、翌日のレースに向けて気持ちを高めていた。

 開会式は12日午後3時45分からロームシアター京都(左京区)で行われる。レースは13日午後0時30分にスタートし、国立京都国際会館前(同)を折り返す9区間42・195キロのコースで競う。(山下悟)

【 2019年01月12日 11時44分 】

ニュース写真

  • レース本番を翌日に控え、調整する選手たち(12日午前、京都市右京区・西京極陸上競技場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース