出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

男子単の大島、2大会連続8強 全日本卓球

男子シングルス6回戦で勝利した大島祐哉(丸善インテックアリーナ大阪)
男子シングルス6回戦で勝利した大島祐哉(丸善インテックアリーナ大阪)

 卓球の全日本選手権第5日は18日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子シングルスで大島祐哉(木下グループ、東山高-早大出)は2大会連続の8強入りを決めた。大島は水谷隼(木下グループ)と組む男子ダブルスでも勝ち進み、優勝した前回に続き準決勝に進んだ。

 男子シングルスの上田仁(岡山、京都府舞鶴市出身)は6回戦で水谷に1-4で敗れ、2大会ぶりのベスト8はならなかった。女子では3大会ぶりの優勝を狙った石川佳純(全農)が6回戦で早田ひな(日本生命)に1-4で敗れ、13大会ぶりに8強入りを逃した。前々回大会を制した平野美宇(日本生命)は5回戦で14歳の木原美悠(エリートアカデミー)に1-4で屈した。

 女子ダブルスでは前回優勝の早田、伊藤美誠(スターツ)組が準々決勝で成本綾海=同大出=、井絢乃(中国電力)組にストレート勝ちした。

 19日は男女シングルスの準々決勝と男女ダブルスの準決勝、決勝が行われる。

【 2019年01月18日 23時03分 】

ニュース写真

  • 男子シングルス6回戦で勝利した大島祐哉(丸善インテックアリーナ大阪)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース