出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

器用さと力強さ兼備 サンガ新加入選手・DF安藤淳

安藤淳
安藤淳

 ■DF(16)安藤 淳=移籍

 2007年から7年間サンガでプレーし、J1昇格と降格を経験。主将を務めた13年に昇格プレーオフ決勝で敗れた後、チームを一度は離れた。「昇格できずに移籍したことはずっと気にしていた。オファーをもらって、あらためて京都が好きなんやと感じた」と打ち明ける。

 プロ入り当初は主にボランチだったが、サイドバックやセンターバックまで、幅広いポジションをこなせる。「僕は武器があるわけじゃないが、器用さは強み」。高いテクニックと、球際の力強さも兼ね備えている。

 サンガで今度こそ目標を果たすため、紫のユニホームを着た。「チームとしてどう戦うかが大事になる。練習から態度で示し、情熱を伝えたい」と年長者の役割を自任する。

 <あんどう・じゅん> 178センチ、71キロ。野洲市出身の34歳。セゾンFC-静岡学園高-関大-サンガ-C大阪-松本-愛媛。

 ◇

 J2京都サンガFCに今季、12人の選手が加入した。プレーの特長や横顔を紹介する。

【 2019年02月08日 15時38分 】

ニュース写真

  • 安藤淳
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース