出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

至近距離の守り自信 サンガ新加入選手・GK加藤順大

加藤順大
加藤順大

 ■GK(1)加藤 順大=移籍

 浦和で正GKを務めた経験もある実績十分のベテラン守護神だ。ひときわ大きな声で練習をもり立てる。「みんなが気持ち良くプレーできるように声をかけていきたい」と、兄貴肌の一面を見せる。

 ユースから昇格した浦和では、2011年から3季主力としてゴールマウスを守った。13年はアジア・チャンピオンズリーグにも出場。180センチとGKとしては大きくないが、「至近距離のシュートは自信がある」という俊敏性と、足元の技術で攻撃の組み立てにも貢献する。

 練習初日から新人選手を晩ご飯に誘うなど、積極的にコミュニケーションを取る。「自分の経験を還元できれば。GK3人で切磋琢磨(せっさたくま)しながらチームを引っ張りたい」と意気込む。

 <かとう・のぶひろ> 180センチ、80キロ。埼玉県出身の34歳。大宮FC-浦和ユース-浦和-大宮。

 ◇

 J2京都サンガFCに今季、12人の選手が加入した。プレーの特長や横顔を紹介する。

【 2019年02月08日 15時52分 】

ニュース写真

  • 加藤順大
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース