出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

フェンシングW杯初Vの加納帰国
「まさか優勝とは」

 バンクーバーで行われたフェンシングのワールドカップ(W杯)男子エペで初優勝した21歳の加納虹輝(早大)が12日、成田空港に帰国し「まさか優勝できるとは思っていなかった。最後まで集中できたのが勝因」と、来年の東京五輪へ弾みがつく好結果を喜んだ。

 日本勢がこの種目のW杯を制したのはリオデジャネイロ五輪6位の見延和靖(ネクサス)に次いで2人目。昨年11月に痛めた左脚が完治し、今年1月にドイツで行われたW杯では3位。「自信になった。勝ち方が分かった」と勢いに乗り、初優勝につなげた。

【 2019年02月12日 19時26分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース