出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

萩野公介、池江にいいニュースを
白血病で競泳界、一様に衝撃

 萩野公介
 萩野公介

 競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)の白血病公表に日本代表のチームメートや海外のライバルは一様に衝撃を受けた。男子の萩野公介(ブリヂストン)は「すごくびっくりした。できることは試合でいい泳ぎをして、彼女にいいニュースを届けることが最大限。頑張ろうという気持ちになった」と力を込めた。

 池江が得意とする100メートルバタフライのリオ五輪女王で、ライバルのサラ・ショーストロム(スウェーデン)は、自身のインスタグラムに池江と泳いでいる写真を添え「ニュースを読んで、目から涙があふれそう。全てのパワーと愛を送りたい」と投稿した。2人は昨秋、トルコで合同合宿も行った。

【 2019年02月12日 21時46分 】

ニュース写真

  •  萩野公介
  •  合宿先のオーストラリアから帰国し、取材に応じる競泳の萩野公介=12日、成田空港
  •  合宿先の米グアムから帰国し、取材に応じる競泳の萩野公介=12日、成田空港
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース