出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

龍谷大平安と福知山成美、堂々行進 京都勢200勝挑む選抜開幕

堂々と入場行進する福知山成美(手前)と龍谷大平安の両ナイン=23日午前9時9分、兵庫県西宮市甲子園球場
堂々と入場行進する福知山成美(手前)と龍谷大平安の両ナイン=23日午前9時9分、兵庫県西宮市甲子園球場

 第91回選抜高校野球大会が23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。開会式では、出場する32校が登場。春夏通算200勝が懸かる京都勢は、龍谷大平安と福知山成美のナインが堂々とした姿で行進した。

 行進曲に合わせ、前回覇者の大阪桐蔭と前回準優勝の智弁和歌山に続き、日章学園(宮崎)から札幌第一(北海道)まで南から北の順に出場校の選手たちが歩いた。前回の優勝旗や優勝杯などが返還され、日本高野連の八田英二会長らがあいさつ。選手宣誓では広陵(広島)の秋山功太郎主将(3年)が「平成最後の大会を最後まで諦めず、正々堂々と戦い抜く。はつらつとしたプレーで日本中に笑顔の花を咲かせる」と高らかに誓った。

 龍谷大平安は第3日第1試合に登場し、津田学園(三重)と対戦する。福知山成美は第4日第1試合で筑陽学園(福岡)と顔を合わせる。

【 2019年03月23日 11時06分 】

ニュース写真

  • 堂々と入場行進する福知山成美(手前)と龍谷大平安の両ナイン=23日午前9時9分、兵庫県西宮市甲子園球場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース